家庭用防犯カメラ

家庭用防犯カメラの種類について

紙の家

マンションなどではエントランスや敷地内に防犯カメラが設置されていることが多いですが、一戸建ての場合は防犯対策を自ら行わないとなりません。そんな中、最近は防犯面での意識が高まり、自ら防犯カメラを設置するご家庭が増えてきました。防犯カメラはその設置場所や用途によって様々な種類のものがあります。
自宅の中やお店、事務所など室内で使用する場合に用いられるのが屋内監視用カメラです。屋内監視用カメラは有線タイプのものが多く、配線をしっかりと行うので設置に手間はかかりますが、映像が鮮明で安定しています。また同じ有線タイプでも玄関先や庭先、車庫など屋外で使用したい時に用いられるのが屋外監視用カメラです。屋外監視用カメラは防滴、防水構造が取られているので、悪天候の中でもしっかりと映像を記録する事ができます。
また、有線タイプと比べると映像の安定性はありませんが、無線タイプのワイヤレス監視カメラもあります。これは配線が必要ないのいでどんな場所でも手軽に設置することができます。但し木造よりも鉄骨、鉄骨よりも鉄筋と電波が通りにくいという特徴を持つので、設置する場所を選ばなければしっかりとした映像は記録できないでしょう。