家庭用防犯カメラ

屋外防犯カメラの選び方

家

現在は防犯対策としての威嚇効果、証拠映像としての監視として、防犯カメラが設置されているところが多くあります。お店の入り口や店内、一般家庭の玄関、マンションなどに設置しているのをよく見かけたりするのではないでしょうか。そこで今回、屋外防犯カメラはどのようなのものを選べばよいかを紹介していきます。
屋外防犯カメラは、屋外などで暗くなってからの監視が考えられる場合があるので暗視機能付きのカメラにしましょう。暗視カメラには、高い感度で映像を捉えるものと、赤外線光の照射で監視範囲を強制的に明るく映し出すものの2タイプがあります。夜間の監視で、人相まで確認可能な映像をお求めであれば、赤外線照射タイプをおすすめします。
また、雨などに濡れない場所であっても防犯カメラの破損防止のためにハウジングケースを使用したり、濡れる場所であれば、防水のカメラを選びましょう。防犯カメラには録画機能はついていません。そこで防犯システムを効果的に管理する機能として、動作検知機能があり、この機能を搭載した録画機であれば、映像内に動きが検出されると録画機が反応して高画質録画を行います。以上のような機能がついている防犯カメラを選べば、屋外に設置する時に問題はありません。